生命科学研究所(DD専門)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

憐れにも、イドルの記録は僅かしかない

時は金なり。

時間はお金と同じ大切なもので、有限であり無限ではない。
それゆえに無駄にしてはいけないのだ。   ── フクナガ ──


皆様はもったいないお化けというものを知っているだろうか。
そう、野菜などを模したナマハゲよろしく的な意味を持つ人外のことである。
まだ幼かった俺はゲラゲラ笑いながらブラウン管に映るそれを見ていたものだ。
まあ実際リアルに存在していたら笑う余裕などなく、必死こいて逃げ惑っていたことだろう。
そして、好き嫌いすることなく、またあますことなく全ての食物を摂取し、立派なアダルトになっていたはずだ。
そんなもったいないお化け氏が世の子供らに言いたかったのは、
「出されたものはきちんときれいに食べなさい!」
てことだと思うの。
つまり、もったいないことは慎むべし精神の植え付けである。

鳥類・哺乳類は生後ごく早い時期に身近に目にした動く物体を親として追従する特殊な学習を行う。
これが俗にいう『刷り込み』だ。
意味合いを見る限り、もったいないお化け氏のそれはこの刷り込みに近いと、いえなくもない。
我々人間は哺乳類であるから実に理にかなった戦略と、いえなくもない。
50:50理論を運用したもったいないお化け氏に敬礼。

だからこそ、全ての無駄をなくすよう刷り込まれた俺が、名古屋アイドールの開場2時間前に名古屋入りするのは当然のことなのだ。
無駄は敵精神ここに極まれり。

☆★☆★☆★  「 モッタイナイオバケシニ~~ ( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!! 」  ☆★☆★☆★

「同じ場所って、これ運命すぎやしませんか?」
3月に同じ場所で行われた名古屋アイドールとまったく同じ場所(3-4階間の階段踊り場)での待機となり、俺は内心驚いてしまった。
これを運命と言わずなんというのか。
偶然です、と言われたら僅かすらの可能性もなく反論できないので目を瞑ってください。すみません。

「2列に並ばされた?! このスペースで階段を使用できるのか?!」
途中、人が莫大に増えたのか、それまで一列だった待機列が二列へと変態する。
英語でいうとメタモルフォーゼ。
変態した俺は──
この言い方はダメな気がする・・・。
と、ともあれこのままの状態で開場時間を迎え、トラブルもなく入場を果たすことが出来た。

会場内は人々の活気で賑わいを見せ、売買の契約がいたるところで成されている。
物買えば、金がなくなり、放浪自。
思わずクソみたいなフレーズを思いついてしまうほど、本日の予算は少ない。
無駄をハブってガンガンいこうぜ!
結果だけいうと、想定予算内の買物で済んだので良かった。
※想定外のものは買いましたが(汗)

買物も一段落したので、特殊なシステムの合間をうまく使わしていただいて(頼れる先輩方のおかげです。ありがとうございました!)ドールを展開。
当日自分が連れて行った子は『ナンバー21、千反田える』。

名古屋アイドール(える①)

※1『ちょっと、角度おかしくないですかコレ??』
※2『きっと超意味があるんだと思いますよ』

なんて声が聞こえてきそうだが、どうしてこの角度なのか撮った本人が覚えていないので答えはでない。
よって意味もない。
いや、ほんとなんでこの角度なんだろうな・・・。


最後になりましたが、当日ご一緒してくださいました皆様、ありがとうございました。
久しぶりにお会いできた方もおられましたので、とても有意義な一日を過ごすことができました!
また機会がありましたらよろしくお願い致します。

それではこのあたりで筆を置かせていただきます。
写真のピンぼけ率5割超えの強撮者フクナガ。
スポンサーサイト
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<生科研チャット その2 | ホーム | 生科研チャット その1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。