生命科学研究所(DD専門)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

予定通り、彼女は彼女の真似をする

夏休みなんて言葉で心が躍るのは学生までだ。
社会に出れば一月半の連休なんてありはしないし、あっても困る。
いやほら、休みが長いと急激に仕事したくなくなっちゃうじゃん?
あれはもう下手したらこのままフェードアウトしてしまいそうなレベル。

そんな会社に行く気力を辛うじて失わない程度の長さの夏季休暇は、
家でごろごろ時間を弄んで過ごすのがベストチョイスといえる。
高校野球とか見ると超燃える。
野球部ではなかったけど、自分にビビるくらい熱中しちゃう。

しかし、そんな期間限定野球大好きトランス状態に今年は陥らなかった。
あれ、高校野球っていつからだっけ?
と日程をまったく把握してなかったくらいだ。

その理由はいたって簡単。
それよりももっと心躍る出来事が目の前にあったからに他ならない。
さながらひと夏のアバンチュール(古いか? 古いな…)とでもいおうか。

そんなアバンでチュールな3日間について語っていこう。



(///////////////////////////////////////////@w@////////////////////////////////////////////////)

~ 1日目 ~

強風吹き荒れる中、湖の畔を歩く。
えー、なにこれ、風超つめてえ…。
それすなわち夏なのに長野マジ避暑地。

そんな強い風にも負けず、彼女に登場してもらいました。

夜々(長野①)

うっそ、後ろからみたらラブライブ!の希ちゃんっぽい!
やだ、ものすっごくテンションあがる!!
そして、テンションマックスだと強風全然感じないとか、ほんとビビるわ。
ちょっと人間の神秘を感じました。

しかしながら彼女は希ちゃんではありません。
今回の旅行のためにわざわざ髪型を真似てくれたのです。
彼女のあまりの優しさに涙が…にじむ。
その優しすぎるお釈迦様な彼女は──

夜々(長野②)

夜々!
お釈迦様な彼女は、約6カ月ぶりの外界なのに柔和な笑顔を絶やさない。
彼女の瞳に映る景色はきっと素晴らしいものに違いない。
心の在り方で同じ風景でも見え方は変わるのだ。
夜々と見た景色はキラキラと輝いていて、とても美しいものだった。


風が吹いた。
今までで一番強烈な風だった。
俺は、夜々に背を向けた状態で別のことをしていた。
振り返る。

フクナガ「ああぁぁぁぁーーーーーー!!」

心の在り方によって同じ風景も見え方が変わる。
つまりは単純に、
風さん、マジっすか…(怒)
ということ。


一日目の最後はホテル。
今日一日の疲れを癒して明日に備えなければいけない。

夜々(長野③)

やべ…ねれっかなぁ(汗)
朝チュンチュンにならないよう禊ってくる!
こうしてふたりだけの大浴場であらゆる煩悩を消し去り、1日目は過ぎて行った。
※ふたりだけ=フクナガ&夜々じゃないよ → フクナガ&知らない男性だよ

2日目に続く・・・



今回の旅行で一緒だった『にっしーさん』・『ヤンデレラさん』・『えーちさん』、どうもありがとうございました。
天気は残念でしたが、日々のストレス疲れが吹き飛びました! 楽しかった!!
これでまたひとつ良い思い出が増えました。

それではこのあたりで筆を置かせていただきます。
旅行のお土産(自分用)に舌鼓を打ちながら。 フクナガ
スポンサーサイト
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<想像以上に、夜々と浴衣と和室の相性が良い | ホーム | やはり、南ことりの遠征はリスクが高い。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。