生命科学研究所(DD専門)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

だからこそ、白川郷のソフトクリームは溶けにくい

旅行に行く前、おそらく大多数の人は事前に現地の情報を調べることだろう。
何が有名でどんな食べ物があってアクセス方法はこうでトイレはどこにあるかなどetc.──
その中でも現在現地がどのような状況なのか知っておくのは必須事項だといえる。
気温が高いのに厚着をしていけば「マジか・・・」とはなるが、脱げばいいのでこっちは微妙。
逆に気温が低いのに薄着の場合はどうにもならないので残念仕方ないと途方に暮れるしかなくなる。

つまり何が言いたいのかいうと、現地情報を得てなかった僕は行き先である白川郷に雪があったことで「マジか・・・」となったわけでした。
天気はギランギランの晴れだったが、10時くらいはまだまだ肌寒かった。
とはいえ、寒いから何もしないのではお粗末にもほどがある。
とりあえず一番高いところ(高台は有利だもんね!)から撮った写真を載せておこう。

白川郷①

改めてこの写真を見てみよう。
白無垢のような雪を引き裂くようにしてアスファルト舗装が伸びており、まるで一枚の水墨画(木を想像してね!)を彷彿とさせる。
手前から奥へいくにつれてかかる色の濃淡には、えも言われぬ趣が感じられる。
写真上部には連なる山々と雲の混じり合った空。
ここに(自分的には)見事な一枚が表現されていた。

そんな雪晴れ(スノハレ)の白川郷を訪れたのは──


続きを読む
スポンサーサイト
ラブライブ!(DD) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。