生命科学研究所(DD専門)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

唐突にも、彩羽は理想を手に入れる

昨日のことだ。
DOLKに行った俺は、とあるウィッグに彩羽の理想形を見た。
元々こうしたいというイメージがあったのでそれを実現できると思い購入。
もちろん以前の髪型も好きではあるが、BUYしてFITしたそれは大好き過ぎた。

彩羽(髪型変更)

新生『彩羽』をよろしくお願いします! フクナガ
スポンサーサイト
DD変身 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一日のはじまりは・・・

冬の寒さは非情なもので、コタツやヒーター、はたまたエアコンに頼るのが世の常。
日々進化を遂げる暖房器具なくしてはもはや切り抜けるのは難しいとさえ言える。
実際には暖房器具がなくても切り抜けている人はいるだろうが、この研究所で過ごす俺には無理っぽい。
なので今日も今日とて唯一の暖房器具であるコタツはフル稼働状態だ。

もうすぐで4月だというのにここまで気温が安定しないのはいかがなものか、と思いつつ就寝時間を迎えるのが最近のマイブーム。
このマイブームがいつまで続くのか不安にはならないが、さっさと終わってほしいものではある。
単純に考えるのをやめればいいだけなのだが、そこは少しは反抗してみたくなる自分の心を尊重していこう。
やばい、この年齢で反抗期きちゃったか!

そんな反抗期まっただ中な俺の唯一の安らぎは睡眠だ。
あったかい布団で眠れるなんて人間マジハッピーすぎてやばい。
そりゃあ動物も羨ましがるのはわかるが、動物は動物でふっかふかな毛に覆われてあったかそうだからあいこだと思います。

しかしながら、そんな安らぎの後には絶望がやってくるのが俺の常。
あったかい布団の後にはアホみたいに寒い朝がやってくるのだ。
そして朝が来れば起きなければいけない。
見慣れた景色を眠り眼でぼーっと眺めながら、一日がはじまる。

そこで俺は気づいてしまった。
つまりは単純に眠りから目覚めた瞬間に絶望するわけだから、そこをはぴはぴー☆にすれば絶望しないんじゃね?
思い立ったが吉日。
善は急げ。
俺はこんなことをやってみたんだにぃ!

続きを読む
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

研究発表(第27DD)

まず最初に、3月15日(日)の京都ドルパでご一緒させていただきました皆様ありがとうございました。
いろいろな話を聞いたり、写真を撮らせてもらったりと楽しい時間を過ごすことができました。
ちょうど一年前の京都ドルパとは比べものにならないくらい充実した時間でした。
本当にありがとうございました!


それでは、研究発表を始めます。
今回の子は高校生という設定となっております。
キャラドール以外で最初から設定を決めたのはこの子が初めてなのですが、それにはちょっとした理由がありまして。
まあそれはそのうち明らかになるかと。



続きを読む
DDメイク | コメント:0 | トラックバック:0 |

生科研チャット その8

2015年3月12日(木)

続きを読む
生科研チャット | コメント:0 | トラックバック:0 |

残念ながら、彼女の帽子が大き過ぎる

京都ドルパまであと一週間。
去年の京都がドルパ初参加だったので、もう一年経ったわけである。
思い返してみると去年は滞在時間が2時間くらい(待ち時間含む)だったような・・・。
まあ人間、忙しい時はあるのだ。

さて、それは『良き思い出』と心の奥に仕舞い、現実を見詰めてみた。
今回は、とあるテーマに沿った衣装を選ぶつもりなのだが、見詰めた現実は厳しいと言わざるを得ない。
簡単にいうとバチッと決まる衣装がなかった。
これはもうあれだ、曖昧でグレーなゾーンに頼る他ないレベル。
「ですかね」とか「~と思います」のようなあいまい言葉と等しい逃避行。
それっぽいの『っぽい』の部分を超強調していこう。

もし今回のドルパで当研究所の子を見かけたら、「○○っぽいー」を推奨。
・・・偉そうにいってすみません。
「○○っぽいー」でお願いします。


というわけで、今回の旅ガールは──


続きを読む
ラブライブ!(DD) | コメント:0 | トラックバック:0 |

研究発表(第26DD)

第25DDで開口に挑戦したのは、とある理由があったからに他ならない。
何事も最初というものは手探り状態である。
経験値による確固たる断定が出来ていないことは雪山に裸で放り出されることに等しい。
そんな状態では良いものなどできるわけがないのだ。

だからこその第25DD。
言ってしまうと、開口時にそれはもうたくさんの失敗があった。
ルーターの力加減(回転力ともいう)であるとか、どのアタッチメントを使用するだとか、どの部分で削るだとか色々なところで失敗を重ねた。
それでも何とか完成したのだから人間やれば出来るわけである。

そして、そこでの失敗から得た知識と技術を生かして生み出したのがこの26番目の子。
26番目の子が目標であり、その礎となってくれた25番目の子には感謝しかない。
無論、手抜きはしていないよ? ほ、ほんとだよ?

この子を思い描いた通りに完成させられたことで今は胸がいっぱいです。
それでは発表させていただきます。


続きを読む
ラブライブ!(DD) | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。