生命科学研究所(DD専門)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

三度、夜々は長野で雨に見舞われる

『二度あることは三度ある』

これは同じようなことが二度起きると、さらにもう一度繰り返されることがあるものだから
悪いことがまた起こらないように注意せよ、ということなのだが、
それをこの旅行に当てはめてみると以下のようになる。

『二日続けて天候が悪く、雨が降りまくったけれど、
 最後の三日目だけはそうならないよう注意せよ』

まあ言うまでもなく、注意しまくったところで自然現象がなくなるわけはない。
99%の努力と1%のひらめきが天才を作るというのならば、
1%の努力と99%の運がこの旅行の三日目の天候を作るのだ。
ちなみに1%の努力だからせいぜいテルテル坊主を吊るすくらい。
4人全員で吊るせば4%くらいにはなるが、四捨五入したら0%なのでほとんど意味はない。
なにそれ超理論すぎて逆に天才じゃね?と錯覚してしまう。

続きを読む
スポンサーサイト
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

想像以上に、夜々と浴衣と和室の相性が良い

物事において、ある程度の推測をたてて臨むのは自分にとって当たり前だ。
まったくのノープランでは行き当たりばったりになりかねないのがその理由。
なのでちょっとぶらっと散歩してみようだとか、
暇だしどこか出かけよう、なんてほとんど思わない。
目的があって初めて自分は動けるのだと自信を持って言えてしまうくらい出掛けない。
これはけっして出掛けるのが面倒くさいからとかそんなのではない。
いうなれば崇高な思考からくる行動理念。
悟りを開いたに等しいので、それまさに賢者の域。
攻撃も回復も自在に操っちゃう。

さて、夏の風物詩といえば何を想像するだろうか。
風鈴、花火、祭り、海などどれも季語として優秀すぎるくらいに『夏×2』している。
その中でも夏祭りは最強ではないだろうか。
夏祭りの中には、『花火・浴衣』と夏の夜が凝縮されている。
女の子の浴衣姿と花火は絶対正義だよ、と思うまである。

では絶対悪とはなんなのか。
世界に歯向かうこと、とか?
やだなにそれ、ちょっとかっこいいセリフ言ってみたみたいになってテンション上々。

絶対正義であるからこそ、この二つを引き離したくはないのだが、
さすがに花火は限定的であるから今回は断念するに至った。
ならば残る浴衣姿を大いに満喫しようと俺は2日目の着替えに取り組んだ。

続きを読む
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

予定通り、彼女は彼女の真似をする

夏休みなんて言葉で心が躍るのは学生までだ。
社会に出れば一月半の連休なんてありはしないし、あっても困る。
いやほら、休みが長いと急激に仕事したくなくなっちゃうじゃん?
あれはもう下手したらこのままフェードアウトしてしまいそうなレベル。

そんな会社に行く気力を辛うじて失わない程度の長さの夏季休暇は、
家でごろごろ時間を弄んで過ごすのがベストチョイスといえる。
高校野球とか見ると超燃える。
野球部ではなかったけど、自分にビビるくらい熱中しちゃう。

しかし、そんな期間限定野球大好きトランス状態に今年は陥らなかった。
あれ、高校野球っていつからだっけ?
と日程をまったく把握してなかったくらいだ。

その理由はいたって簡単。
それよりももっと心躍る出来事が目の前にあったからに他ならない。
さながらひと夏のアバンチュール(古いか? 古いな…)とでもいおうか。

そんなアバンでチュールな3日間について語っていこう。



続きを読む
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

やはり、南ことりの遠征はリスクが高い。

自分でものすごく気に入った髪型があった場合、それを維持しようとする。
だが、維持をするのはものすごく面倒くさい。
見難い後ろ髪をキレイに立たせる時など高確率で妥協するまである。
解消するには、それこそ髪の毛が伸びず・崩れずにするしかない。
そんなものは魔法だ。現実的じゃない。ファンタジーだ。
ただ、どこかそんな絵空事が現実になれば、とも思う。
まあ…ようするにあれだ。
信じる者は救われる、みたいな?
…違うか? うん、違うな。

さて、本日の大阪ドルパには『南ことりちゃん』を連れていきました。
前回大阪アイドールに連れて行った時もそうでしたが、一回の遠征でウイッグがえらいことになります。
現地で形を整えないといけないですし、髪がぐちゃぐちゃになり見栄えが・・・。
なので毎回遠征終了後は研究所で髪を整えます。
しかし、なかなか思うような形にならず四苦八苦するはめに。
自分にとってリスクの高いことりちゃんの遠征ですが、
現地ではそのリスクに似合った喜びを得られるのでこれからも遠征は続けます。
機会はそれほど多くはないと思いますが・・・(あせあせ)

最後になりましたが、今日の大阪ドルパでご一緒させていただきました皆様、ありがとうございました。
またひとつ、良い思い出が増えました!

それではこのあたりで筆を置かせていただきます。
帰りの強風の中でどうして自分は蚊に刺されたのだろうか、について割と気にしながら。 フクナガ


ことり(大阪ドルパ衣装)

ことり「今日はことりの相手をしてくれてありがとうございました~。とっても、楽しかったです♪」

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |

まだ、生命科学研究所は閉鎖してはいない。

台風の接近に伴い、研究所の外は朝から雨一色だ。
おかげで普段よりも涼しいのだが、心の中はわんわん泣きたくなっている。
自分の外も内も水だらけで窒息してしまうレベル。
とはいっても、この雨が止んでくれるわけでもないので、結局はこのまま泣き寝入りなわけだが。
・・・なんだよ、ここでも泣いちゃうのかよ。

さて、標題に書いた通り、当研究所は閉鎖してはおりません。
ただ、諸事情により更新を行っていなかっただけでございます。
気づけばブログ上にバナーが出現し、
「一か月の間更新がないとそうなる」
と、えーちさんに教えてもらいました。
前回の更新からもうそれだけ経ったのかとしみじみ思いながらこうして筆をとっております。
まあ、とうに一カ月は過ぎているわけですけれども。

明日は大阪のパーティに参加する予定で、連れていく子も決めました。
もし会場の方でお会いすることがありましたらよろしくお願いします。

文字文字しててすみませんが、このあたりで筆を置かせていただきます。
私の着信音を聞いたえーちが不満をぶちまけたのを聞き流しながら。 フクナガ
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。